学生研究テーマ

学生研究テーマ

[AI創薬]

浅見 俊 (D3, 10月入学)

抗がん剤における 民族差及び個体差に関する研究

  • Shun Asami, Daisuke Kiga, Akihiko Konagaya:
    Constraint-based Perturbation Analysis with Cluster Newton Method : A Case Study of Personalized Parameter Estimations with Irinotecan Whole-Body Physiologically Based Pharmacokinetic Model, InCoB2017 (accepted)

佐藤 敦子(D2, 4月入学)

AIとシミュレーションを融合した高精度代謝部位予測法の研究

  • Atsuko Sato, Hitomi Yuki, Chiduru Watanabe, Jun-ichi Saito, Akihiko Konagaya, Teruki Honma: Prediction of the site of CYP3A4 metabolism of tolterodine by molecular dynamics simulation from multiple initial structures of the CYP3A4-tolterodine complex, Chem-Bio Informatics Journal, 17, 38-52 (2017).
    DOI: 10.1273/cbij.17.38

Bharata Kalbuaji (D2, 10月入学)

bharata

Epigenetic Study between Normal and Cancer Cell Using NGS data from Bile Duct Cancer Patients, CBI2015 poster presentation PDF

Norwich Mungkalaton (D1, 10月入学) 

norwich

  • Master Thesis: Computational framework for the classification of hERG
    potassium channel blockers

新井直樹 (M2, 4月入学) 

[分子ロボット]

Greg Gutmann (Assistant Professor)

greg

Using a Master and Slave approach for GPGPU Computing to Achieve Optimal Scaling in a 3D Real-Time Simulation, NEMS2016 (accepted)

Greg Gutmann et al.: Real-Time 3D Microtubule Gliding Simulation Accelarated by GPU Computing (IJAC, 2015)
online

 

Arif Pramudwiatmoko (D2, 10月入学)

Molecular Design on Virtual Reality 

 源氏絵DB

津野駿幸(M1, 4月入学)
 
津野駿幸: Virtual Reality で体験する、灯りで見る源氏絵屏風, 第一回源氏絵データベース研究会, 東工大田町CIC,8月31日 (2017)
 
加藤拓也(B4,4月入学)

加藤拓也: Deep Learning を用いた源氏絵の画像認識, 第一回源氏絵データベース研究会, 東工大田町CIC,8月31日 (2017)

 

 

 

 

 

卒業生(含中退、満期退学、休学)

平成29年度

Vutha Phav

vutha

e-commerce business infrastructure in developing countries

Vutha Phav, Akihiko Konagaya: An E-commerce Infrastructure Growth Analysis and Estimation: A Case Study of Cambodia and China, in Proc. of the Fifth Asian Conference on Information Systems (ACIS2016), Krabi, Thailand (2016).

Bulibuli Mahemuti

bulbul

Investigation of the Microtubule Dynamics with Probabilistic Data Association Filter, NEMS2016 (accepted)

Daiske Inoue, Bulbul Mahemoti et al.: Depletion Force Induced Collective Motion of Microtubles Driven by Kinesin (Nanoscale, 2015) doi: 10.1038/SNR02213D

平成28年度

河野 文弥

kawano
ディープラーニングによるAFM画像解析

渡邊 健太

watanabe
論理型言語を用いたLOD推論システム

Dennis Merkus

dennis

Swarm Intelligence

平成27年度

Li Wenxing

li
GPU parallelization of game engine

平成26年度

Bulibuli Mahemuti
Automated Microtubule Path Tracking on Gliding Assay Using Hidden Markov Model
(Molecular Robotics Grant-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas Workshop, Sendai, 2014 Mar.)

Greg Gutmann
Real-Time 3D Microtubule Gliding Simulation
(in Proc. of LSMS & ICSEE 2014, Shanghai, Sep.20-23, China, 2014 Sep., PDF)
Real Time 3D Microtubule Simulation
(Molecular Robotics Grant-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas Workshop, Sendai, 2014 Mar., PDF)

平成25年度

Vutha Phav
Computational Approaches to Epigenetics for the Prognosis and Therapeutics of Breast Cancer (Oral Presentation, InCoB2013, Taigcang-China)

Kenta Yoshida
Application of Cluster Newton Method for the Anaylsys of Phisilogically based Pharmacokinetic (PBPK) Models
(InCoB2013 Supplement BMC Systems Biology, PDF)

Han Yuexing, 原 章斗
Recognition of DNA Nanostructures on Atomic Force Microscopy (AFM) Image: First Experience on DNA Pliers (ATISR2013, PDF)

Automatic Recognition of DNA Pliers in Atomic Force Microscopy Images (NGC, 2015)
doi: 10.1007/s00354-015-0305-4

平成24年度

Vutha Phav
Computational Approach to ChIP-Seq of ER-α and H3K4me3 for Promoter Regulator in Breast Cancer

平成23年度

Yasunori Aoki
Cluster Newton Method for Sampling Multiple Solutions of an IUnderdetermined nverse Problem: Parameter Identification for Pharmacokinetics
NII Technical Report

平成22年度

マルチコアアーキテクチャのための蜜行列LU分解のプログラミング技術

里城晴紀

情報処理学会論文誌コンピューティングシステム

平成21年度

Cell/B.E.におけるSIMD論理関数を利用した編集距離計算の実装法

Cell Challenge 2009 (規定課題部門第3位受賞)

平成20年度

サポートベクトルマシンを用いた仮想集団収束方法に関する研究
修士論文 渡辺 崇

kernel PLS上の零空間サンプリングを用いた仮想集団の収束方法に関する研究
学士論文 尾崎 賢人

平成19年度

オントロジーとシミュレーションを用いた薬物間相互作用予測に関する研究<br>
修士論文 有熊 威

BMC Bioinformatics

オンチップ並列モンテカルロシミュレーションの最適化手法の提案
学士論文 里城 晴紀

CELL Speed Challenge 2008(自由課題部門第2位受賞)

CellSpeed Challenge 2008 (規定課題部門第1位受賞)
ブースティングアルゴリズムを用いたSNPチップの解析手法<br>
学士論文 田中 章
OpenMPを用いた粒子シミュレーションの並列化と結果の可視化<br>
学士論文 堤 孝広

平成18年度
自己組織化マップによるRNA編集部位予測に関する研究
修士論文 星野哲平

ベイジアンネットワークによるホモロジー検索結果からの配列選択規則の学習
修士論文 齋藤正貴

三変数対数正規分布に基づくマイクロアレイデータ解析
学士論文 梅野 太輔

Chaos Game Representation に基づく遺伝子配列間距離の精緻化に関する研究
学士論文 山中 遼太

XMLを用いたミトコンドリアDNA多型情報の表現法に関する研究
学士論文 渡辺 崇

平成17年度

ハイブリッド型推論システムの構築と薬物間相互作用への応用
修士論文 渡辺健太郎

モンテカルロシミュレーション法による細胞膜上のラフト形成
修士論文 北川哲次

BMC Bioinformatics
バイオインフォマティクス向け宣言的ワークフローからのWebサービスコールの自動生成に関する研究
修士論文 新原敦介

三項関係に基づくADMEオントロジー構築法の提案
学士論文 有熊威

Chaos Game Representationを用いた遺伝子配列間距離に関する研究
学士論文 上村宗生

平成16年度
RNA editing対応配列アライメント法の提案
学士論文 星野哲平

Web Serviceを用いたゲノムアノテーションの研究
学士論文 齋藤正貴

平成15年度
硬い微分方程式系における細胞周期モデルの研究
学士論文 渡辺健太郎