ここでは、Windowsにインストールする場合について説明していく

Pythonのインストール

  • 1. Pythonのダウンロードとインストール

    cadnanoを動かすにはPythonが必要。まずこちらにアクセスし、2系列のバージョンをダウンロードする。今回は2.7.9を選択。
    python_dl

    遷移先のページのFiles欄から、環境に応じたインストーラーをダウンロードする。Windowsの場合はWindows x86 MSI installerWindows x86-64 MSI installer(たぶん64bit用)を選択する。
    python_dl2

    ダウンロードが完了したら、案内にしたがってインストールする。

  • 2. Pythonのパスを通す

    コントロールパネルを開き、

    • システムとセキュリティ
    • ⇒ システム
    • ⇒ システムの詳細設定

    と選択していく。
    次に、環境変数をクリック。
    system_setting

    ユーザー環境変数、もしくはシステム環境変数から『Path』を選択し、編集をクリック。
    system_setting2

    変数値の欄に、Pythonのインストール先を追記。(例 C:\Python27;)
    このとき、既存の文字列は消さないように注意。
    system_setting3

cadnanoのインストール

  • 1. cadnanoのダウンロードとインストール

    ホームページ(http://cadnano.org/)にアクセスし、DOWNLOAD CADNANOボタンをクリック。
    (01)cadnano_top

    Platform-specific Installersから、Windowsを選択
    (02)cadnano_platform2

    ページ中ほどにある、cadnano 2.2.0 Installer (64 bit). をクリックすると、cadnanoインストーラーがダウンロードされる。(64bit版しかないので、もしかしたら32bitPCで動かないかも)
    (03)cadnano_installer2

    インストーラーを起動し、案内にしたがってインストールする。
    (05)cadnano_setup1

  • 2. cadnanoの起動

    プログラムとファイルの検索からcadnanoを検索できる。アイコンをクリックすると、caDNAnoが起動する。
    (10)cadnano_search

    起動すると、以下のような画面が表示される。
    (11)cadnano

cadnanoだけでもDNAオリガミの設計はできるが、Mayaと併用して立体的な設計図の確認を行うこともできる。

Mayaのインストール

  • 1. Mayaのダウンロードとインストール

    ホームページ(http://www.autodesk.co.jp/education/free-software/maya)にアクセスする。
    MayaはAutodeskのアカウントがないと使用できないため、アカウントを持っていない場合は<アカウントを作成>を選択して必要事項を入力して作成する。
    アカウントを持っている場合は<サインイン>を選択してサインインをする。
    (04)maya_download1

    インストールしたいバージョンと言語、OSをプルダウンの中からから選択し、<今すぐインストール>をクリックするとインストーラがダウンロードされる。
    (このとき”シリアル番号”と”プロダクトキー”が表示されるのでメモをしておくとよいが、メールやAutodeskのアカウントページから確認できるため重要ではない。)
    (05)maya_download2

    インストーラーを起動し、案内にしたがってインストールする。
    (07)maya_setup1

    途中で下のような画面になるので、インストールを選択する。
    (08)maya_install1

    インストールするパッケージを聞かれる。初期設定(すべて選択)のままで問題ないが,必要ないものはチェックを外してもよい。
    (09)maya_install2

  • 2. Mayaの起動

    Mayaのアイコンをクリックして起動する。
    maya_icon

    起動すると、以下のような画面が表示される。
    maya2016

  • 3. Mayaからcadnanoを起動

    画面右上にある、オレンジ色の丸いアイコンをクリックすると、Maya内でcadnanoを起動できる。
    cadonano_btn

    cadnanoを起動すると、以下のような画面が表示される。
    maya_cadnano

    もし上記のアイコンが表示されていない場合は、ツールバーの、

    • ウィンドウ
    • ⇒ 設定/プリファレンス
    • ⇒ プラグインマネージャ

    と選択していく。
    maya_plugin

    すると、プラグインマネージャが起動するので、spCadNano.pyの『ロード』と『自動ロード』にチェックを入れる。
    maya_plugin2

    もしプラグインマネージャにcadnanoが表示されていない場合、左下の『参照』ボタンをクリックし、cadnanoをインストールしたフォルダ(C:\Program Files (x86)\cadnano2 など)に移動し、spCadNano.pyを選択して『開く』をクリックする。
    maya_plugin3